こころりあんBLOG cocororian.exblog.jp

こころりあんが綴る日々のコト


by cocororian
画像一覧

<   2009年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

別府湾サービスエリア

先日大分に行く途中、高速道路で「別府湾サービスエリア」に立ち寄りました
ここからの眺めはGOOD(^_-)-☆
f0015517_21272474.jpg


写真は別府湾サービスエリアにあります「百年遺産古民家レストラン」
『アルテジオ』洋食のお店です
f0015517_21272499.jpg

f0015517_21272410.jpg


私はイベリ子豚煮込みハンバーグを食べました♪
(ブタさん。今、世間を騒がせておりますが・・・)
f0015517_21272468.jpg


ひとくち女(^w^)なので、隣の人の香草カツレツもひとくち(^w^)食べました☆

おいしかったぁ~☆

f0015517_21272426.jpg


雰囲気も素敵でしたぁ~o(^-^)o

また大分方面にいく時は、立ち寄りたいサービスエリアです

他のお店も入ってみたかったが・・・
和食のお店&カフェ・・・とにかくオシャレでした☆
別府湾サービスエリア情報はこちらから!!
http://www.w-holdings.co.jp/sapa/index.php?institution_id=2765
by cocororian | 2009-04-27 21:27 | *近況報告* | Comments(2)
幼なじみのお父様が、絵の初個展をされます。

記憶の中の風景  竹下国義 初個展 

                                 賛助出品 娘(三姉妹)

f0015517_21182848.jpg


会場  熊本県立美術館分館1Fギャラリー

会期 2009年4月28日(火)~5月4日(月)

月~金      am9:30~ pm6:30(入場はpm6:00まで)
土・日・祝日   am9:30~ pm5:15(入場はpm4:45まで)

*会期中は休館日なし、最終日はpm4:15まで

f0015517_21451813.jpg


はなつばきにて・・・竹下ファミリー(私の幼なじみはこの中におりませんが・・・)
とっても素敵な竹下ファミリーです (^v^)
ぜひとも熊本県立美術館分館へ!!
http://www.museum.pref.kumamoto.jp/
            
ごあいさつ ~案内状より~

 この度、私の初個展を上記のとおり開催いたします。
 今まで描き溜めていた処女作から現代までの作品を集大成として発表することとしておりますが、主に1974年~1995年制作までの旧作が大半を占めています。
1995年以降十数年余り、身辺の変化や自己の療養等の為、制作活動をやむなく中断しておりました。
今回は、制作活動の再起の想いも込め、以前からの念願でありました初個展を開催する運びとなりました。
 初期の作品も当時の思い出多き作品ということで、良し悪しを抜きにして展示しております。
私の絵描き人生の奇跡をたどる展覧でもあります。
これを機会に、今一度原点に返り、年を重ねても恥掻くことを恐れることなく、研鑽を図ってゆく所存でございます。
 皆様方のご批評、ご指導を賜りいただければ幸いに存じます。
どうぞご高覧賜りますように御案内申し上げます。               2009年4月吉日


画歴  
□熊本総合展 入選   □第1回別府現代絵画展 入選  □二科展 連続6回入選
□21世紀アート大賞展 熊本市賞受賞 ほか  


竹下ファミリーとは、私が横浜から熊本へ引っ越してきた時からの長年お付き合いをさせていただいております。 なので・・・幼稚園入る前から・・・  う~ん、よく考えるとすごい!!
という事で・・・はい!幼稚園時代☆
一番左が幼なじみです。中央がわたし。
f0015517_21432290.jpg

小学校時代!この写真は・・・吉崎姉妹と、竹下姉妹(私と竹下長女さんが同級生で、私の妹と竹下三女さんが同級生)
小学校は1クラスしかなかったので、ずーっと一緒でした。
サッカー部、演劇クラブ、器楽部でトランペット♪
児童会でも一緒にがんばりました~☆
彼女は議長♪竹下次女さんは書記♪ちなみに私は副会長♪
f0015517_21433547.jpg

中学校時代、テニス部で真っ黒こげ((+_+))  
おそろいのピンクのラケットピンクのシューズで!おかっぱシスターズとして活躍(!?)
f0015517_21434449.jpg

ピッチピチの二十歳~♪(彼女の自宅 後方におじちゃんの絵が掛けてあります!)
それぞれの道へ・・・・
f0015517_21435546.jpg


今は・・・まだまだピッチピチの真っ最中!!ほほほ^m^
現在は同じ山鹿の地で働いております♪
彼女とは・・・きってもきってもきれない縁なのでございます(^v^)
by cocororian | 2009-04-22 22:14 | Comments(13)

姿を現したるお方は…

f0015517_0141374.jpg

ふと空を見上げたら…雲の形が…

卑弥呼様?! 女神様?! 観音様?!

明らかに横を向いた女性の立ち姿の様…

腰あたりには龍の顔!?らしきものが…(見えるのですが…(^w^))

大興奮で写真撮りました☆

いつも見守ってくれているのでしょうが、ただ見えないから気付いていないだけ…

時々こうやって自然の力をかりて、姿を現してくれるのだと思います。


ありがとうございますo(^-^)o
by cocororian | 2009-04-15 00:14 | ふしぎ☆つぶやき | Comments(6)
4月11日(土)
大分豊後高田市草地にあります 
三笠山春日神社1200年祭で
奉納舞をして参りました。
f0015517_22244866.jpg


2年程前に、こちらの春日祭にて
奉納舞をした御縁で、
また今回も足を運ぶ事となりました。
晴天にも恵まれた
素晴らしい大祭でございました。
f0015517_22275527.jpg


重要な儀式である「式年大祭・式典」にも
参列させて頂きました。

f0015517_22281899.jpg


宮司様の御挨拶の中で、
春日神社においでになってから
(私の記憶が正しければ・・・
平成9年に春日神社に来られたそう・・・)
1200年祭までの経緯を知り、
短期間であった事に驚きました。

私は、立派になっている春日神社しか
存じませんもので、
ここまでくるまでには、
いろんなご苦労があったのだろうな・・・と、しみじみ・・・そう思いました。





~奉納舞の様子~

昔・・・
この地で幾夜にも及ぶ落雷と稲光の中、
楢の大木のこずえに、
白鹿に乗りし
白髪の老人現れ舞い降りたり・・・
「我は三笠山に住める翁ぞ」と言い残し、
南東の空に飛び去ったのでございます。
                   
(三笠山春日神社由緒より  創作)

そして1200年経った今、
再びこの地に姿を現したる者は・・・
あの翁なり・・・・
『翁の舞』

f0015517_22285885.jpg


f0015517_22291045.jpg


『古代卑弥呼の舞い』

f0015517_22293126.jpg


f0015517_22294153.jpg


はるかいにしえより 翁と卑弥呼・・・
時空を超えて今日の良き日を祝いに・・・

続きましては『現代卑弥呼の舞い』

f0015517_2231018.jpg


f0015517_22315659.jpg


f0015517_22322039.jpg


f0015517_22323240.jpg

                                    
 ~photo by chiharu~

卑弥呼の舞いはもちろんの事、
春日神社の地で「翁」の創作舞を
奉納する事が出来た事を嬉しく思います。
心地よい風が吹いて・・・
(本物の)桜吹雪も舞い・・・

自然にも協力していただき、
素晴らしい演出となっていた様です。

とにかく
氣持ちのよいこと…

舞っていてこの様な気分になれるのは、
神々様が見守って下さっているのは
もちろんの事・・・
きっと山本宮司様をはじめ
氏子の皆様方が、
この神社をお守りしていらっしゃるからこそ!なのだと思いました。

この地で・・・
そして1200年という節目の年に、
舞うことが出来た事を大変光栄に思います。

~三笠山春日神社HP~
http://www.mikasayama-kasuga.com/index.html

12日にありました約70年ぶりに再現されたという「潮汲み神事」の様子はこちら 
http://www.city.bungotakada.oita.jp/dekigoto/kasugajinnjya1200nensai.jsp
f0015517_2247664.jpg



~吉崎真美プロフィール~

2003年より
「創作卑弥呼の舞」を舞い始め、 
数々の舞台、イベント、結婚式等に出演。
遺跡・神社仏閣でも奉納舞を行う。
舞は自身で創作したものであり、
その場での即興舞になる事もある。

過去に舞を舞った事もなく、
習った事もなかったのだが、
2002年、突然の舞台出演依頼。
デュオ ビエントとの出逢いにより、
眠っていたものが目を覚ます。
魂が音楽に反応し、身体が表現し始めた為、
以後、創作舞を舞う運びとなった。



〜舞うことは祈り〜
天地・自然の恵みに感謝し、
祖先を敬う心を大切に、
その土地に住まう方々へと思いを馳せ、
平和を願い舞っております。

by cocororian | 2009-04-14 22:51 |   ●祈りの舞い | Comments(2)
八千代座にKちゃんファミリー + Rくんが!!!!やって来た☆
f0015517_11295256.jpg

団体のお客様100人と一緒に見学をしたKちゃんファミリー♪

ちょうど私が案内担当となりました(`∇´ゞ
明治当時のロイヤルボックスを説明する為…「一番に花道を歩いてみたい方~」とお客様にお呼び掛けしましたら…『はいっ(^o^)/』と、手をあげた方が! お一人…

なんとKちゃんのお母様☆!

幕より登場し、ノリノリで「花道」を歩き…「すっぽん」でポーズ(^_^)vをとって下さった…

これだけの人数を目の前にして…さすがでございます!

これで十分ロイヤルボックスの説明が出来るので、「ありがとうございました~」と、客席へと誘導しようとしましたら… 『ここまで来たから舞台まで歩いてみようかしらん♪(^w^)』と、超ノリノリのお母様!

まわりのお客様からも大きな拍手が…!!

とても賑わいました☆
お母様のおかげでございます(^з^)-☆Chu!!感謝。

(本日の八千代座メンバーと一緒に記念撮影☆パシャリ!)
f0015517_11295242.jpg


実は…本日、KちゃんとRくんの両家初顔合わせのお食事会だったのだそう…

その後、熊本市内から八千代座に来てくださいました。

この芝居小屋の名前は…八千代座
「千代に八千代に末永く愛されて(栄えて)いきますように…」と言う意味なのでございます

あら…♪
そんなお二人も末永く愛し愛されていきますように…o(^-^)oo(^-^)o

そうそう・・・先日も結婚式の前撮りで、八千代座に来られたお客様がいらっしゃいましたね~♪

みなさん♪お幸せに…  ついでに私もお幸せに。。。(^^)♪ほほほ


おまけショット♪  「にっぽん菜発見」のワンシーン
f0015517_11295234.jpg

いしちゃんを案内している先輩☆

このTVを見て、鹿児島からお越しになったお客様もいらっしゃいました!
メディアの力はすごいわね~ (^v^)

\(~o~)/万歳八千代座\(~o~)/
by cocororian | 2009-04-06 11:29 | 国重要文化財 八千代座 | Comments(14)
明日、4月5日 日曜日  午前9時30分
 
テレビ朝日(熊本はKAB)

『にっぽん菜発見 そうだ、自然に帰ろう ~熊本県編~』で、八千代座も映りますよ~☆

先月八千代座に「マイウ~!☆の、いしちゃん」がやって来て取材をされました~!!

番組HP
http://www.asahi.co.jp/shizen/
~写真は番組HPより~
f0015517_14102855.jpg


どの場面が取り上げられるかは・・・不明ですが・・・
いしちゃん・・・笑えました☆!
それに職場の先輩もからんでおります~♪

ぜひTVで御覧くださいませ!!

八千代座の素晴らしさを全国に発信!!!!!

そしてそして・・・足をお運びいただけたら・・・なおうれし (^_-)-☆

楽しみです!
by cocororian | 2009-04-04 14:17 | 国重要文化財 八千代座 | Comments(2)

住吉神社能楽殿にて…

f0015517_18403788.jpg

f0015517_18403821.jpg

f0015517_1840383.jpg

和泉流の演目は『昆布売』と『盆山』

大蔵流は『仏師』『悪太郎』

楽しみです
by cocororian | 2009-04-01 18:40 |   ●狂言 | Comments(10)

ぴよこに捧ぐ…

f0015517_18332660.jpg

f0015517_18332649.jpg

キャナルシティで見つけました~(o^∀^o)

かわいい~(^w^)

お土産にぴよこはいかがですか?
by cocororian | 2009-04-01 18:33 | *近況報告* | Comments(2)

ふくおか市民狂言会

f0015517_1763648.jpg

f0015517_1763740.jpg

f0015517_1763763.jpg

本日は八千代座狂言メンバーで福岡までバスツアー

なぜならば住吉神社能楽殿で先生方の狂言があるから…

和泉流と大蔵流の狂言です(o^∀^o)

只今キャナルシティで夕飯中~!

写真はお花で動物を作ってあります
by cocororian | 2009-04-01 17:06 |   ●狂言 | Comments(0)